岩盤浴に入った次の日がだるい原因について

当ページのリンクには広告が含まれています。

神戸で整体なら、ちはや鍼灸接骨院へ

岩盤浴はリラクゼーションやデトックス効果があるとされ、多くの人々に愛されています。

しかし、岩盤浴の後にだるさを感じることがあります。

これはいくつかの理由が考えられます。

目次

脱水症状

岩盤浴では大量の汗をかきます。

この汗とともに体内の水分や電解質(ナトリウム、カリウムなど)も失われます。

適切に水分補給しないと、脱水症状を引き起こし、だるさや疲労感を感じることがあります。

特に、長時間岩盤浴に入った場合や、体質的に汗をかきやすい人は注意が必要です。

ミネラルバランスの崩れ

汗をかくことで、体内のミネラルバランスも崩れることがあります。

特に、ナトリウムやカリウムの喪失が激しいと、筋肉の収縮や神経の伝達に影響を及ぼし、だるさや倦怠感を引き起こすことがあります。

スポーツドリンクやミネラルウォーターを飲むことで、これを補えます。

低血圧

岩盤浴の熱により、血管が拡張し、血圧が下がることがあります。

特に低血圧の人や、普段から血圧が安定していない人は、岩盤浴後にふらつきやだるさを感じることがあります。

これを防ぐためには、岩盤浴中にこまめに休憩を取ることが重要です。

デトックス効果による反応

岩盤浴は体内の老廃物を排出するデトックス効果があるとされています。

体が急激に老廃物を排出しようとすると、一時的に疲労感やだるさを感じることがあります。

これは「好転反応」とも呼ばれ、体が良い方向に向かっている兆候とされていますが、あまりに強い場合は医師に相談することが推奨されます。

リラックスによる反動

岩盤浴は深いリラックスを促進しますが、その後に日常生活に戻る際、リラックス状態からの反動で一時的にだるさを感じることがあります。

これは心身が再び活動モードに切り替わる過程での一時的な現象です。

予防策と対策

水分補給

岩盤浴中および後に十分な水分を補給する。ミネラルウォーターやスポーツドリンクが適しています。

適度な休憩

岩盤浴中にこまめに休憩を取ることで、体への負担を軽減する。

栄養補給

バランスの取れた食事を摂り、特にミネラルを意識した食事を心がける。

無理しない

体調が悪いと感じたら無理をせず、岩盤浴の時間を短くするか、頻度を減らす。

締めくくり

岩盤浴は多くの健康効果がありますが、個々の体調や体質によって反応が異なるため、自分に合った方法で楽しむことが大切です。

以上、「岩盤浴に入った次の日がだるい原因について」でした。

何か気になった事があれば是非深掘りして下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次