反り腰の方向けの筋トレについて

当ページのリンクには広告が含まれています。

神戸で整体なら、ちはや鍼灸接骨院へ

反り腰(腰椎前弯過剰、またはロルドーシス)は、腰椎が過度に前方に湾曲している状態を指します。

この状態は腰痛や姿勢の問題を引き起こすことがあります。

反り腰を改善するためには、特定の筋肉を強化し、他の筋肉をストレッチすることが重要です。

以下は、反り腰を改善するための具体的な筋トレとストレッチの方法です。

目次

反り腰改善のための筋トレ

コア筋群の強化

プランク

肘を床につけて、つま先立てて、体を一直線に保ちます。

30秒から1分間保持します。これを3セットします。

デッドバグ

仰向けに寝て、両腕を天井に向けて伸ばし、膝を90度に曲げます。

右腕と左脚を同時に伸ばし、元に戻します。

反対側も同様に行います。

10回を3セットします。

ハムストリングスの強化

ヒップスラスト

膝を曲げた状態で仰向けに寝て、かかとを床に押し付けてお尻を持ち上げます。

お尻をしっかり締めながら上げ、ゆっくり元に戻します。

15回を3セットあいます。

レッグカール

レッグカールマシンを使用して、ハムストリングスを強化します。

15回を3セットします。

臀筋(おしりの筋肉)の強化

グルートブリッジ

仰向けに寝て、膝を曲げ、足を床につけます。

お尻を持ち上げ、体を一直線にします。お尻を締めながら上げ、ゆっくり元に戻します。

15回を3セットします。

クラムシェル

横向きに寝て、膝を90度に曲げます。膝を開くようにして、臀筋を鍛えます。

15回を3セットします。

反り腰改善のためのストレッチ

ヒップフレクサーのストレッチ

ランジストレッチ

片膝を床に付き、もう一方の脚を前に出して90度に曲げます。

骨盤を前に押し出し、前に出した脚の股関節を伸ばします。30秒から1分間保持し、反対側も行います。

ハムストリングスのストレッチ

立位前屈ストレッチ

立った状態で前に屈み、つま先に手を伸ばします。膝を軽く曲げておいても構いません。

30秒から1分間保持します。

背中と腰のストレッチ

キャットカウストレッチ

四つん這いになり、背中を丸め(キャットポーズ)、次に背中を反らせ(カウポーズ)ます。

これを10回繰り返します。

その他の注意点

姿勢の改善

座っている時や立っている時の姿勢に注意し、背筋を伸ばし、骨盤をニュートラルな位置に保つように意識します。

日常生活でのエクササイズ

デスクワーク中に定期的に立ち上がり、軽いストレッチするなど、日常生活でも反り腰改善のためのエクササイズを取り入れることが大切です。

締めくくり

反り腰を改善するためには、コア筋群、ハムストリングス、臀筋の強化と、ヒップフレクサー、ハムストリングス、背中と腰のストレッチが効果的です。

これらのエクササイズとストレッチを日常的に行うことで、反り腰の改善と予防が期待できます。

正しいフォームを保ち、無理しないように注意しながら取り組んでください。

以上、「反り腰の方向けの筋トレについて」でした。

何か気になった事があれば是非深掘りして下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次